GE(ジェネリック)医薬品

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品といえば、テレビなどあちこちで報道されていて、一度は耳にされた方も多いことと思います。しかし、ジェネリック医薬品について知らないことも多いはず。そんな皆さんの疑問にお答えします。

ジェネリック医薬品とは?
後発医薬品の通称です。先に開発された薬(先発医薬品)には特許がありますが、特許期間終了後に、他メーカーが同じ成分・同じ効き目として申請し、国が承認した薬です。
なぜジェネリック医薬品は安いのですか?
新薬(先発医薬品)の承認申請には、数多くの試験が必要となるため、長い年月と高価な投資が必要となります。
これに対して、ジェネリック医薬品では、有効性・安全性については既に先発医薬品で確認されているので、少ない試験で基準をクリアすれば製造承認されます。
その結果、コスト・時間をほとんどかけずに安価で市場に供給できます。
薬局でジェネリック医薬品をお願いするには?
基本的に医療機関がジェネリック医薬品への変更不可という指示がない場合は、ジェネリック医薬品への変更は可能です。ただし、薬によっては、ジェネリック医薬品がないものもあります。薬局で渡すお薬の説明文書に、ジェネリック医薬品の有無や価格なども記してあると思いますので、詳しくは薬局の窓口でご相談ください。

お薬の名称(一般名) 写真など 効能・効果 用法・用量 薬剤に関する情報 薬価
ガスター錠10mg(ファモチジン) 写真 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎など 1日1回寝る前に服用してください。 胃粘膜のヒスタミン2受容体を遮断し、胃酸分泌をおさえます。・・・ 28.6
このお薬には後発医薬品があります。ファモチジン錠10「○△」 10.5
ジェネリック医薬品は先発医薬品と効果は同じですか?
ジェネリック医薬品の承認の際に生物学的同等性といって、体の中での吸収や分布などが先発医薬品と同等であるかを確認します。このため、基本的には先発医薬品と同等の効果が得られることが確認されています。ただし、有効成分は同じですが、その他の成分に添加剤など一部異なる場合があります。また、特許の関係で、ジェネリック医薬品を用いることのできない場合があります。ご不明な点は気軽に薬剤師へ相談してください。