かかりつけ薬局について

〈 かかりつけ薬局とは 〉

医療機関から処方箋をもらった時、おくすりをもらう薬局をひとつに決めておくと便利です。
患者さん個人のプライバシーを守りながら、薬歴により、おくすりの飲み合わせや重複などをチェックします。

「処方せん」をもらったら お住まいの近くの「かかりつけ薬局へ」

薬の有効で、安全な使用のために医師と薬剤師がそれぞれの役割を分担する、ゆとりと安全のシステムです。

〈 医薬分業を上手に利用する『コツ』 〉

  • ●調剤をしてもらう薬局では、お薬のことなど薬剤師に何でも気軽に質問し、相談しましよう。
    • ・1日3回っていうけど、飲み忘れたらどうしたらいい?
    • ・妊娠しているけれどお薬を飲んで大丈夫?
    • ・赤ちやんにお乳を飲ませている間は、飲まないほうがいいお薬があるって聞いたんだけど?
    • ・薬局で買った大衆薬や食物との飲みあわせは?
    • ・牛乳やコーラと一緒に飲んでもいい?
    • ・お爺ちゃんが、薬が飲みにくいって言っているんだけど?

などなど、わからないこと、相談したいことがたくさんありますよね。

  • ●薬局の薬剤師は、患者さんから聞いたことを他の人に話すことは、法律で厳しく禁じられています。 安心して相談しましよう。
  • ●薬局では、患者さんが使用したお薬の名前や時期、お薬のアレルギーのことなどを、患者さんごとに、記録しています。これを薬歴カードといいます。

以前調剤してもらったお薬のことなど、質問してみましょう。