ごあいさつ

 新年おめでとうございます。 会員の皆様におかれましては新しい年をお健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。

昨年5月末会長に就任して以来早7か月が経ちました。その間数々の行事等でバタバタとしてきましたが、新年を迎えるに当たり改めて会のため頑張りたいと気持ちを引き締めている所であります。

昨年の調剤報酬改定により、「かかりつけ薬剤師・薬局」の報酬が新設され、より一層薬局と薬剤師の質の向上が求められています。そこで、まず防府薬剤師会会員全ての薬局薬剤師がかかりつけ薬剤師になる事を目標としています。そしてその中から、地域住民による主体的な健康の保持増進を積極的に支援する機能を備えた薬局である「健康サポート薬局」にステップアップして頂けるよう、研修会の開催など会として支援していきたいと思っています。

また、在宅など地域に密着した医療・介護を進めていくには他職種との連携は欠かせません。皆様ご存知のように防府地域は「ほうふ健康フォーラム」開催に代表される様に三師会の交流が活発に行われており、またケアマネージャーや介護職員、地域包括支援センター等行政との交流も在宅推進委員会を中心に進めています。これにより他職種の方々の薬剤師への理解も以前より深まっており、地域連携の環境は整って来ています。まだ在宅を行っていない薬局の先生方も、今年はまず一件からでも始めてみてはいかがでしょうか。

本年は来年度の調剤報酬改定に向けての準備の年となります。次回改定では我々にとってさらにきびしい内容になることが予想されます。それまでに「かかりつけ機能」を充実させ、「健康サポート薬局」へスムーズに移行できるよう、そして地域住民や他の医療関係者からより信頼される薬剤師・薬局になれるよう会員の皆様とともに取組んで参ります。また、毎年増加する医療費を少しでも抑えるためにジェネリック医薬品の使用を推進するとともに、残薬やポリファーマシー対策にも積極的に関わっていきましょう。

最後に、本年が皆様方にとって良い年となりますようお祈りいたしますとともに、防府薬剤師会の事業により一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

img_4690(一社)防府薬剤師会会長 木村 紘明