平成28年度事業計画

 

 少子高齢化という大きな社会変化とともに、薬剤師・薬局においても変化が求められています。平成27年6月に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太の方針)では、薬剤師による効果的な投薬・残薬管理や医師との連携による地域包括ケアへの参画を目指したかかりつけ薬局の推進と、調剤報酬で保険薬局の貢献度による評価や方向性が示されました。また、平成27年9月には地域住民による主体的な健康の維持。増進を支援する機能を持つ薬局を「健康サポート薬局」とする旨、厚生労働省より公表されました。さらに、平成27年10月には「患者のための薬局ビジョン」が厚生労働省より公表され、かかりつけ薬剤師・薬局像が示されるとともに、「門前からかかりつけ、そして地域へ」と目指すべき医薬分業の姿が明確に示されました。
こうした中で、薬局は地域住民が安心して食生活や禁煙、心と体の健康、介護等の相談が出来る総合的な健康情報拠点の役割を果たしていかなければなりません。このような「かかりつけ薬剤師・薬局」を目指していくためには、幅広い知識の習得が欠かせません。薬剤師の資質向上に向けた、各種研修会・講演会・学習や交流等に対し積極的な支援を行います。 
また、「地域包括ケアシステム」では、自宅や施設で高齢者の生活を継続させることが目指されています。高齢者の在宅での生活を支えていく上では、薬剤師の訪問による薬の管理、服薬指導への期待は大きく、医師や看護師・介護職種と連携し副作用の早期発見等患者の安全確保と医療の質の向上が可能となります。当会を中心として、さまざまな業務に取組める体制構築を図る施策を講じて参ります。 
患者の医療安全確保のため、病院薬剤師との連携「薬薬連携」を積極的に取り組みます。
公益目的事業は当会の重要事業の1つです。過去3年間の活動実績を基に、実施事業を協議し、計画達成のための施策・実施を積極的に取り組みます。
災害はいつ発生するか予測出来ません。緊急医療を迅速に行うためには、薬剤師による積極的な取組が求められています。市、医師・歯科医師会、各種団体と連携し市民の安全確保に努めます。
私たち薬剤師は、地域住民の健康な生活の確保・向上のため活動しています。薬剤師が医療の担い手として適切に評価され、その役割を果たせるよう各事業に取組んで参ります。
 

 

Ⅰ 薬学及び薬業の進歩発展に関する事業
(1)医薬品情報の充実・整備の促進
(2)保険薬局・薬剤師の資質向上
(3)各薬局間の連携
(4)市民への啓蒙・社会貢献活動の一環として「薬草園の体験セミナー」の開催(1年に1~2回)
(5)保険薬局協議会の充実

 Ⅱ 薬業を通じて医薬品の適正使用等医療貢献に関する事業
(1)薬歴管理・服薬指導・情報提供の徹底
(2)おくすり手帳及びカバーの活用による情報共有と連携の強化
(3)後発品を含めた調剤過誤対策の強化
(4)医療用麻薬の供給と適正管理のための環境整備(在宅医療、緩和ケアへの対応)

Ⅲ 公衆衛生の普及・啓発・指導に関する事業
(1)地域保健・医療・福祉活動への全面的協力
(2)セルフメディケーション推進の体制確保
(3)献血事業への協力
(4)「健やかほうふプラン21計画(第2次)」への協力
(5)スポーツファーマシストによるドーピング防止活動への協力
(6)薬物乱用防止運動の推進
(7)新型インフルエンザ対策への対応
(8)禁煙支援活動の推進 

Ⅳ 医薬品等に関する情報の収集及び伝達に関する事業
(1)   医薬品安全性情報収集活動の推進活動,厚生労働省医薬品等安全性情報活動への協力)
2)   情報交換による安全性の確保

 Ⅴ 地域医療への貢献並びに医療安全の確保に関する事業
(1)かかりつけ薬剤師・薬局および健康サポート薬局による地域健康情報拠点の確立
(2)疑義照会の徹底による医療安全の確保
(3)薬薬連携の強化(ハイリスク薬・抗がん剤について)
(4)調剤過誤・ヒヤリハット事例等の情報収集
(5)情報の共有と注意喚起および再発予防対策の確立
(6)日本医療機能評価機構の「薬局ヒヤリハット事例収集・分析事業」への積極的な登録と事例報告の推進
(7)医薬品医療機器総合機構(PMDA)のメディナビ登録の推進
(8)休日診療所への参加・協力
(9)在宅医療への取り組みと医療福祉事業への積極的参加協力
(10)地域包括ケアシステムにおける薬局の役割の確立
(11)他職種と連携をして「見える事例検討会」を開催 

Ⅵ 薬局の設備管理運営に関する事業
(1)薬局機能の充実・強化
ア 後発医薬品の備蓄体制の整備
イ 経営基盤強化
(2)薬局の電子化促進
ア 医薬品情報の充実・整備の促進

 Ⅶ 会営国分寺薬局の運営管理に関する事業
(1)会営国分寺薬局の管理・運営の充実
(2)薬剤師の補充、拡充
(3)会員薬局へ薬剤師派遣等サポート機能の充実

Ⅷ 学校保健及び環境衛生に関する事業
(1)学校保健・学校環境衛生活動への積極的協力および共同給食施設の衛生検査
(2)出前講義(薬物乱用防止・たばこ防止・医薬品適正使用講義等)

 Ⅸ 学会、講演会、研究会等の開催及びこれに対する協力に関する事業
(1)オール薬剤師の連携強化(行事・研修会への参加)
(2)学術大会への参加および発表
(3)薬剤師の向学心の醸成と資質向上
(4)各種研修会・講習会の開催
(5)学術講演会の共催
(6)防府三師会主催による市民健康フォーラムの実施
(7)当会と各種団体との共催による薬と健康フェアの実施

Ⅹ 休日・夜間の処方箋応需体制等に関する事業
(1)休日・夜間の処方箋受け入れ体制の確立

ⅩⅠ会員の資質向上のための教育研修及び広報に関する事業
(1)総務委員会親睦小委員会の拡充による会員相互の交流
(2)広報誌「清流」の発行
(3)ホームページ等の充実
(4)日本薬剤師研修センター認定研修薬剤師の奨励
(5)日本薬剤師会生涯学習支援システム(JPALS)への参加促進
(6)親睦小委員会の拡充による会員相互の交流
(7)未就業薬剤師の活用と研修の実施

ⅩⅡその他本会の目的を達成するために必要な事業
(1)医療保険問題への対応
 ア 医療制度改革への対応
 イ 調剤報酬請求事務の適正化
 ウ 医療保険指導者の研修と育成
(2)地域に密着した啓蒙活動(体験セミナー等の開催)
(3)医薬品販売制度への対応
 ア 医薬品販売制度の堅持と医薬品安全性確保
 イ 薬局医薬品(薬局製造販売医薬品を含む)の活用推進
(4)自殺予防対策への協力
 ア 自殺予防対策におけるGK(ゲートキーパー)としての役割
(5)薬学生実務実習受け入れ体制の充実
(6)若手会員の会への積極的参加促進
(7)求人活動
(8)災害時の緊急連絡体制の構築