防府薬剤師会のあゆみ

〈 その1 〉

松村薬局 松村 敏輔

 ある会席でのこと、前会長の田中先生より、終戦から20年余りの防府薬剤師会の状況が 全くわからないのですが、どんな運営なり活動がなされていたものか知りたいので、 是非書いてほしいとの要望があり、編集部よりも再度のお求めもありまして、 実のところ困惑しました。

何しろ半世紀前のことでもあり、特に資料がある訳でもないのですから。 そこで、薬剤師会員の一人として、私が経験し行動してきた事柄をお伝えすることで、 その概要が分かって頂けるのではないかと考え、誠に心苦しいのですが御了承願えればと思います。

 私が開局して、防府薬剤師会へ入会したのが昭和22年、今から51年前のことになります。 当時は今だ終戦後の混乱物資不足、特に食料不足が引き続いていた時代のことです。
 先ず、会員の構成はと申しますと、会長には戦地より復員直後の渋谷喬先生が就任されており、 病院勤務の薬剤師としては唯一人、原田里子先生(後に県中)が広中病院(現車塚NTTの場所)に おられたのみで、当時薬剤師を受け入れる医療機関は外にはなかった状態でした。 従って、残りは全員開局者で、総勢23名程度でした。

 写真をご覧ください。(ページ下)

 これは当時の会員全員(原田里子先生、後藤薬局さん欠)の記念写真です。 この催しは、昭和25年ではなかったかと記憶致しますが、駅通り角にありました 木造3階建ての前田百貨店(後に寿屋、エムラ、現在空き地)の3階を借り切って 準備に2週間、本番5日間と、全員で分担して行った思い切った事業でした。

 薬品展示・ペニシリン製造工程・水質検査の受け付け、特に好評であったのは、 柏木体温計工場より体温計検査機を借用し、家庭に眠っている体温計が使用可能か否かを 検査して差し上げるセクションでした。

 それにしても当時の薬局経営は、家庭の負担を黙視さえすればある程度の時間のゆとりは 得られた時代でした。

 当時の薬業界の移り変わり、分業運動、三師会の取り組みなど、次の機会にお伝えしたいと思います。
(広報誌「清流」第41号(1998.9.15)より)

会員記念写真

  その1     その2     その3     その4     その5     その6     その7     その8