スポーツファーマシスト

「ドーピング」とは?

「ドーピング」とは、選手が競技成績を上げる目的で薬物などを使用する不正行為のことを言います。スポーツの基本的理念であるフェアプレーに反する行為です。
意図的に行われるドーピングのほかに、禁止物質入りの市販薬やドリンク剤を知らずに服用してしまい、陽性反応が出てしまう、「うっかりドーピング」があります。日本でのドーピング違反は、この「うっかりドーピング」がほとんどです。

「スポーツファーマシスト」とは?

「スポーツファーマシスト」とは、薬物に関する専門知識を活かし、スポーツ選手のドーピングを防止するアドバイスや情報提供を行う薬剤師のことです。
最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、 競技者はもちろんのこと、スポーツ愛好家などに対して、薬の正しい使用法の指導、薬に関する健康教育などの普及・啓発を行い、スポーツにおけるドーピングを防止することを主な活動としています。

防府薬剤師会会員のスポーツファーマシスト活動

平成23年(2011年)10月1日~11日に開催された、第66回「おいでませ!山口国体」において、防府薬剤師会会員のスポーツファーマシストが活動しました。
選手や指導者からの薬の相談や薬の使用に関する啓発活動を行いました。